借金があるかどうかによってもさらに変わるので、出来ることであれば借入を少なくしてから、申請して頂戴。